イメージ 1

 夜中から風が強く吹き出して、夕方頃まで警報が出ていました。家の周りを見て回って、風で飛んだものなどの後片付けなどしていると、なんかゴミが多いのです。

どこかのゴミ袋が飛んできて散らかってしまったようで、家の周りのゴミ拾いをしました。

ゴミを拾いながら、ふと思いました。

家の周りをゴミ拾いして歩いた記憶が無い。

家の近くの通りなどは、ゴミ拾い運動などで年に何度か駆り出されますが、自宅の周りはした事が無い。

なんて事を考えながらのひと時、ゴミ拾いでした。