イメージ 1

 デジカメで撮った写真をプリントしてもらおうと、ブ~ンとカメラ屋さんまで。

約120枚のプリントが1時間半くらいかかるという事で、出来るまでの間に、イソイソとお買い物。

そろそろ仕上がりそうな時間に、再びカメラ屋さんに。

お店に入るなり店員さんが駆け寄ってきて、いきなり「申し訳ありません」と。

何事かとよくよく聞くと、機械の調子が悪くてプリントする用紙がうまく動かず、仕上がっていないとの事。
そして、現時点ではいつ復旧するかもわからないとも。

ん~、まあ~、しょうがない。
今日欲しかったけれど急いでいる訳でもないし、またわざわざ来るのは面倒ですが、さいわい数日後にはまた来るつもりだったし・・・、まあ~いっか。

という事でその旨、店員さんに伝えて「後は、よろしくね」と。

デジタルのデータなので、バックアップをきちんとしていれば、このくらいは余裕を持って構えていられます。

でもこれがフィルムだったなら・・・と思うと、カメラ屋さんの仕事ってかなりのプレッシャー。

ところで、フィルムの値段は結構高くなったし、好んで使っていたフィルムは置かれなくなったし・・・、そもそもフィルムを置いてるスペースが、申し訳無さげになってしまいました今日この頃です。