イメージ 1

イメージ 2


 2013/9/15、青森スピードパーク(オフロードコース)にて行われた「2013 JOR ジャパン オフロードレース シリーズ第4戦」。

ジムニークラス:8台参加、7台出走、6台完走。
Cクラス:6台参加、4台出走、全車完走。
Nクラス:4台参加、2台出走、全車完走。
Xクラス:3台参加、1台出走、全車完走。
Pクラス:9台参加、3台出走、全車完走。

出走率は約57%、全出走車中リタイヤ1台。
雨の中、田んぼのような路面のレースはこんな感じでした。

 今回、携帯電話で動画を撮ったので、それに色々して動画を作ってみた。






今回にイベントはずっと雨が降っておりました。
やっぱり雨の時の撮影は、色々大変です。
まあ、自分が濡れるのはまだ我慢できるのですが、機材が濡れるのはかなり嫌なものです。カメラ壊れます。

天気予報が雨だったので、長靴と傘、着替えのズボン、ビニル袋、タオルなど準備をしていきました。
本当は傘より、カッパの方が両手が使えてよいのですが、それだとカメラが濡れちゃう。

という事で、雨を傘でしのぐつもりだったのに、なんという事でしょう、持っていった傘が雨漏り。
今まで気がつかなかったのですが、雨が強くなると雨漏り発生。
穴があいているとか破れている訳ではないのに、傘の布地からポツポツと雨が降ってくる。

ズボンが濡れるのは想定しておりましたが、傘をさしているのに頭から濡れてしまうとは!
カメラ、壊れないと良いけど・・・。
とほほ・・・。
上着の着替えが必要になるなんて想定外です。
やっぱりカッパだったか?

 今回、あまり意味の無い傘をさしながらカメラ撮影いたしましたが、傘をさしながら撮影ってこんなにやりづらい作業だったっけ?
と思うほど、アタフタ大変苦労いたしました。

色々考えた結果、もしかしたらここ十年くらい、ほとんど傘をさしながら撮影していないかも。

雨の記憶はありますが、テントなどに雨宿りしながら撮ったり、カメラをしまって傘だけさしたり・・・。

何より晴れの確率がかなり高いです。

ほとんどしない and なれていない、傘 and カメラ撮影、アタフタしてもしょうがなかった。

でもやっぱり傘の中まで雨が降るのはよけいでした。

↓↓↓今回の写真のページはこちら↓↓↓