タグ:スノートライアル

bl23219vid

 サーキットパーク切谷内(青森県五戸町)のダートコースにて、
2023年2月19日に開催された、

「2023 切谷内 スノートライアル走行会」


写真を撮りつつ動画も撮影しておりましたので、編集してちょっとご紹介など。







走行シーンは1ヒート目と2ヒート目を混ぜて編集。
その他、開会式や表彰式、パドックなど会場の雰囲気も収録。

当日は雨が降り続いておりましたので、機材など濡れて大変な思いをしておりました。
おまけに滑って転んでビチョビチョになったのは内緒の話ですけど。

スノーイベントとしては、昨年の1月に行われたJMRC東北ラリー以来ですが、
ダートコースで行われたスノートライアルとしては、2011年以来の開催となっております。

今回のイベントは雪の状況や天候など、よくない状況だったと思いますが、皆さんおつかれさまでした。






YouTube、2023/2/19
「2023 切谷内 スノートライアル走行会」はこちら、
https://youtu.be/obqrUG7GoYw


写真のページ2023/2/19、
「2023 切谷内 スノートライアル走行会」はこちら、
http://taoyaka201204.cho88.com/ai1heiwa2jiyuu3/photo09box/s230219.html



bl23219s

 2023年2月19日(日曜日)、
青森県五戸町にある「サーキットパーク切谷内」ダートコースにて、

「2023 切谷内 スノートライアル走行会」

が、開催されました。

いつものように、ふら~っと行ってきました。
写真を撮ってきました。
そしていつものように写真のページを作ってみた。


写真のページ「2023切谷内スノートライアル走行会」はこちら、
http://taoyaka201204.cho88.com/ai1heiwa2jiyuu3/photo09box/s230219.html


参加台数は四つのクラスに合わせて16台。
天気はこの時期には珍しく冷たい雨。

路面はシャーベット状の雪があり走行し辛そうな感じ。
スタック車両も数台ありました。

雪が融けて土が出ている所もあり、状況は良くなかったように思います。
まあ、天気、自然にはかなわないので、しょうがありません。

その中でも、選手達は持てるテクニックを存分に発揮して、競技に臨んでいるようでした。




2023/2/19、写真のページ「2023 切谷内 スノートライアル走行会」はこちら、
http://taoyaka201204.cho88.com/ai1heiwa2jiyuu3/photo09box/s230219.html


イメージ 1




 2011/2/6、サーキットパーク切谷内で行われたスノートライアルイベント「2011 ウィンタートライアル in 切谷内」。

一本目の後方のゼッケンでは「雪を食べている」ような感じに見える車両が多く見られました。

そこでどんなコース状況なのかと思い、1本目終了後の慣熟歩行で私も歩かせていただきました。

日陰では路面が凍結していたり、日の当たる所では雪が解け始めていたり、一部では路面が荒れていたりなどさまざま。

そんな多様な路面状況の中、選手の皆さんは2本目のタイムアップに向けて作戦を練っていたようです。

様々な状況の中で、タイムアップを果たそうと果敢に攻める選手達はすばらしいなと思いました。




snow trial 20110206 ウィンタートライアル in 切谷内

イメージ 1

 サーキットパーク切谷内にて「ウィンタートライアル in 切谷内」がダートコースにて行われました。

参加台数は約50台、天気はほぼ晴れで日向ではすごしやすい気温でした。レスキューされる車両も無く無事進行していました。

スノートライアルが開催できるようにするべく、コースコンディションを整えるために、主催者、スタッフなど夜を徹して頑張ったとか。

本当にごくろうさまでした。


http://taoyaka201204.cho88.com/ai1heiwa2jiyuu3/p11/s110206.html

イメージ 1


 安比高原駐車場の特設会場にて行われた
三菱スノーダイヤモンドトライアル IN 安比高原。

ナンバー付き車用の参加だけで参加者が約90人。
ナンバー無しの改造車の参加もできていたなら、いったいどれだけの人数が参加した事でしょう。

ところで当日は、風も強く本当にとても寒かった。

あまりに寒くて、最終走者が走り終わるのと同時に、私の寒さに対しての我慢も限界に達してしまい、表彰式までは気力がもちませんでした。

携帯で動画を撮っていたら、バッテリー残量がみるみる減ってしまい、「少し撮ってはしばらく充電」という作業を繰り返すような状況でした。

写真も、いつもはバッテリーを交換する事無く余裕で撮影できるような状況にも関わらず、今回は持っている2本のバッテリーをほぼ使い切ってしまいました。



20110116三菱スノーダイヤモンドトライアル IN 安比高原

イメージ 1

イメージ 2

 CMSC岩手「三菱スノーダイヤモンドトライアル IN 安比高原」が、安比高原駐車場特設会場にて行われました。

参加台数は90台くらい。
ここ最近では、これほどのエントリーを集めるイベントは記憶に無いくらいの多さではないでしょうか。

天気は晴れたり強風だったり吹雪いたり。
気温は今シーズン、これまでの最低だと思います。
とにかく寒く、風が強くて大変でした。

さいわいにも事故など無く、無事に大会が進行できたようでした。

あまりにも寒くて体が震えるので、カメラをかまえると手ブレが止まらず、強風のために体が安定せず、よりブレが増す状況で大変でした。

その上、あまりの寒さでバッテリーがすぐ無くなってしまいます。

冬の厳しさの一端を垣間見た気がします。

そんな中でも、これほどのエントリーがあり、大会を無事に成立させるのは、本当に大変な事でしょう。

どうぞ皆さん、カゼなどひかぬように・・・。


http://taoyaka201204.cho88.com/ai1heiwa2jiyuu3/p11/s110116.html



.

イメージ 1

 2010ウィンタースラロームin切谷内が、サーキットパーク切谷内(青森県)のダートコースにて開催されました。
クラス区分は駆動方式やスタットレス、スパイクタイヤなどの五つのクラスで行われました。

参加台数は約50台、天気は曇り時々晴れ、路面は雪、転倒1台でした。

路面コンディションもよく、皆さん楽しんで走行している様でした。


http://taoyaka201204.cho88.com/ai1heiwa2jiyuu3/photo09box/d100207.html

イメージ 1

 サーキットパーク切谷内のダートコースで、「2010ウィンタースラロームin切谷内」が行われそうです。
開催日は2010年2月7日、エントリー料金は8000円の昼食付。
主催はMSC十和田で、締め切りは2010年2月2日となっている様です。

当日のコース状況が大変気にはなりますが、GOODな条件での大会になれば良いなぁ、なんて思っております。

↑このページのトップヘ