タグ:ブログバトン

イメージ 1


 安比高原駐車場の特設会場にて行われた
三菱スノーダイヤモンドトライアル IN 安比高原。

ナンバー付き車用の参加だけで参加者が約90人。
ナンバー無しの改造車の参加もできていたなら、いったいどれだけの人数が参加した事でしょう。

ところで当日は、風も強く本当にとても寒かった。

あまりに寒くて、最終走者が走り終わるのと同時に、私の寒さに対しての我慢も限界に達してしまい、表彰式までは気力がもちませんでした。

携帯で動画を撮っていたら、バッテリー残量がみるみる減ってしまい、「少し撮ってはしばらく充電」という作業を繰り返すような状況でした。

写真も、いつもはバッテリーを交換する事無く余裕で撮影できるような状況にも関わらず、今回は持っている2本のバッテリーをほぼ使い切ってしまいました。



20110116三菱スノーダイヤモンドトライアル IN 安比高原

イメージ 1

 今シリーズ、MSCはちのへ主催の切谷内ジムカーナ走行会シリーズも事故など無く無事成立出来て、イベントに多少なりとも関わっている私としましても、何事も無くほっとしております。

2007年の第1戦・・・66台
      第2戦・・・81台
      第3戦・・・63台、延べ210台

2008年の第1戦・・・62台
      第2戦・・・47台
      第3戦・・・59台、延べ168台

2006年には延べ250台くらいだったので、この参加台数の減少の仕方、結構憂いでおります。

コース使用料が上がりエントリー料が上がり、そして昨今のガソリン価格などいろいろと苦労も多いのですが、少なくなったとは言え、これだけの人数の集まるイベント、今後も続いて行ってほしいものです。

十年後とかの参加車両がどんな事になっているのか、クラス分けとかどうなっているんでしょうね。

http://taoyaka201204.cho88.com/ai1heiwa2jiyuu3/mukka/m_sk.html

イメージ 1

 サーキットパーク切谷内(青森県)にて切谷内ジムカーナ走行会第3戦が行われました。私はその主催のお手伝いをしに行って参りました。

参加台数は約60台の3ヒート制で、シリーズ3戦で行われるこの大会。今回が最終戦となりました。

準備など大変でしたが、 参加された方々の走りがすばらしく、そして、楽しんでくれているようで私も嬉しく感じます。

まあ、1日色々ありましたが、サーキットパーク切谷内(青森県)で迎えた朝日がとてもきれいでした。


http://taoyaka201204.cho88.com/ai1heiwa2jiyuu3/photo05box/g81012.html

イメージ 1

イメージ 2

 JOR、ジャパンオフロードレースには、「グッドイヤーエンジェル」と「ジオランダーガール」が来てレースに花を添えてくれます。そして私は彼女たちに会う事を楽しみに会場に行くのですが、当然ながら彼女たちは、私に写真を撮られるためだけに関東方面から青森県のサーキットパーク切谷内まで、わざわざいらしている訳ではありません。

スタート前に看板を見せて回ったり、選手に傘をさしたり、車に箱乗りしてコースを回ってきたり。
お昼の抽選会ではマイクを渡され、抽選会の司会進行をまかされたりし、会場に花を添え、そしてとても盛り上げておりました。

そしてその合間、合間に写真を撮らせてくれたりと、それはそれは大忙し。サーキットパーク切谷内の上と下を行ったり来たり。

それが彼女たちの仕事だと言ってしまえばそれまでですが、本当におつかれさまです。

そして思うのです。
彼女たちは、チームの選手を応援するためにギャラリーコーナーのコース脇にいて声援を送っています。
見ていて、とてもうらやましい。私もあんな応援されたい。
と、思うんです。本当に。

でも、しかし、思うのです。
選手が目の前を通過したあとには、石が飛んでくる、泥が飛んでくる、土ぼこりが飛んでくる。

選手に声援を送った直後に泥だらけホコリだらけ、そしてトドメの砂利攻撃。何もそこまでしなくても・・・。

それでもがんばって応援を続ける。
とてもけなげで、おじさんは、胸がキュンキュンしてしまいます。


http://taoyaka201204.cho88.com/ai1heiwa2jiyuu3/photo05box/photo2008.html


http://taoyaka201204.cho88.com/ai1heiwa2jiyuu3/photo99box/photo2001.html


.

イメージ 1

 サーキットパーク切谷内(青森県)で、ジャパンオフロードレースJapanOff-roadRace略してJORが行われました。
ジャパンオフロードレース第5戦、2008シリーズ最終戦が、八戸オフロードレース実行委員会の主催で開催されました。

JORジャパンオフロードレースには、毎回「グッドイヤーギャル」と「ジオランダーギャル」が来てくれるので、私はいつものごとくレースや競技車よりも、彼女たちに会う事を楽しみに行って参りました。
入場料1000円也。

途中に通り雨的なものがありましたが、まずまずの天気でした。
競技は結構転倒などあり、とても激しい戦いとなっておりました。

グッドイヤーギャルやジオランダーギャルの写真も撮れたし、お土産ももらって、ジャパンオフロードレースJORを満喫した楽しい一日でした。

やっぱりレースクィーン、キャンギャル、私大好きな様です。


http://taoyaka201204.cho88.com/ai1heiwa2jiyuu3/photo05box/jor80928.html

イメージ 1

 先日、岩手県の岩手町立石神の丘美術館に行ったそのあと、もう少し足を伸ばして、岩手県立美術館にも行って参りました。

岩手県立美術館では「アメデオ・モディリアーニ展」をやっておりました。観覧料は、常設展込みで1000円也。

「モンパルナスのプリンス」と称されているらしいアメデオ・モディリアーニの極めて質の高い作品が一堂に会する事は、世界的に見ても稀だそうで、モディリアーニ芸術の神髄に触れる事の出来るまたとない機会だそうです。
へー、そうなんだ、なるほどなるほど、みたいな事がパンフレットに書いてありました。

お客さんも少なく、常設展に至ってはほぼ貸し切り状態で、自分のペースで存分に観覧する事が出来ました。

私は美術館などに行くと、気持ち的に充実し燃料を補給したような気分になります。

家に帰る頃にはすっかり日も落ち、辺りは真っ暗。

私は精神的にガソリン満タン、でも私の車はその分ガソリンが減る様です。

ほったらかしの用事などは、全然減らず、むしろ増えるくらいですけど・・・。

イメージ 1

 サーキットパーク切谷内(青森県)で、2008JAF東北ダートトライアル選手権第7戦、2008JMRCオール東北ダートトライアルジュニアシリーズ第4戦、2008JMRC青森県ダートトライアルシリーズ第4戦のトリプルタイトルの大会が行われました。
私はなんとなく、ふら~っと観戦に行って参りました。
天気は曇りでドライ路面。参加台数は約80台。
転倒は2台でした。

雑誌PDやJAFSPORTの取材の方々がいらして、写真を撮ったりしておりました。

私のいた所は、ホコリも少なく快適に観戦する事が出来ました。

皆さん、さすがにすばらしい走りをしておりました。


http://taoyaka201204.cho88.com/ai1heiwa2jiyuu3/photo05box/d80921.html

イメージ 1

 もうすぐお昼になりそうな時間、なんとなくフラ~っと、「久しぶりにドライブなどでもしてみようか」などと少々現実逃避気味の気分で思い立ってしまいました。

そう思い立ったからには、さて北に行くか南に行くか・・・、西に行くか東に行くか・・・。

まあ、サクッと考えて今回は南側の美術館まで片道2~3時間弱の距離のドライブに決定。

岩手県の岩手町立石神の丘美術館に行って参りました。
この石神の丘美術館は、なんか「恋人の聖地」に認定されているらしいのです。去年行った時は認定されていなかったと思うのですが。

うろ覚えですが、「恋人の聖地」は全国各地50カ所くらい認定されているらしく、うろ覚えなので誰が認定したとか、だからどうしたなど具体的な事はほとんど思い出せませんが・・・。
あまり興味を引かれなかったもので、「ふーん」てな感じでしか見なかったもので・・・。

石神の丘美術館では「いわての現代美術と出会う、夏。」という展示をしておりました。入場料300円なり。

晴れのよい天気の中、野外展示場の散策はとても気持ちよいものでした。

イメージ 1

JAF東北ダートトライアル選手権が、スポーツハイランド新郷(青森県)で行われました。

当日は雨が降り、路面がヌタヌタ滑りやすそうで、みなさんとても苦労をしている様でした。そして走行後の車両は泥だらけ。

しかし、2本目スタートラインに並んでいる車両は、とてもきれい。

1本目と2本目のインターバルの間に皆さん、泥を落としきれいにして準備をしておりました。

走るとすぐに、ものすごく汚れるというのに。
ダートラ屋さんはもしかしてとてもきれい好き???

それとも常にきれいにしておくのがマナー???

皆さんの走りに感心し、そしてこんな事にも感心してしまいました。

みなさんおつかれさまでした。


http://taoyaka201204.cho88.com/ai1heiwa2jiyuu3/photo05box/d80824.html

イメージ 1

 全日本ダートトライアル選手権東北ラウンドが、サーキットパーク切谷内(青森県)で開催されました。

私は主催側のお手伝いに行って参りました。
全国各地から選手が集っての大きな大会なので少々緊張気味に行って参りました。

8月2日は練習走行で天気は時折雨の降る中行われました。
朝5時半現地集合、お手伝いがんばりました。

8月3日、いよいよ全日本ダートラの本番、朝4時半現地集合。雨の降る中お手伝い。

朝は雨が降りコース路面はウェット、昼頃は雨も上がり路面は乾き始め、午後はほこりが立つほどのドライ路面。

なんとか与えられた役割を一生懸命こなそうとがんばりました。まずは雨に濡れ、そのあと汗ダク、そして土ぼこりにまみれてがんばりました。

全日本では普段会えない人と久しぶりに会う事が出来たり、あまり話す機会のない方々と交流を持てたるする場でもあり、作業的には大変で不愉快な思いもしたりしますが、しかし、とても貴重な体験の出来るイベントで、いろいろと勉強になる事がたくさんあります。

全車走行終了し、一緒にいた仲間に「土ぼこりで口の中がジャシジャシするよね」と話した所「はい、そうですね。ジャリジャリしますね」

私は「ジャシジャシ」ですが、
彼は「ジャリジャリ」するそうです。

意味は同じなんだそうで、ただ私のは方言らしいのですけれど・・・。

↑このページのトップヘ