タグ:全日本

b19825k1
b19825k2

 令和元年8月25日、青森県五戸町にある「サーキットパーク切谷内」にて、

「2019JAF全日本ダートトライアル選手権/第8戦」

が、行われました。

ちょっと行って、ちょっと写真を撮りましたので、写真のページを作ってみた。
でも、パドックの写真が主で、走行写真は撮れませんでした。
レースクイーンは撮ったよ。

↓↓↓「2019全日本ダートトライアル選手権/第8戦」写真のページ↓↓↓
http://taoyaka201204.cho88.com/ai1heiwa2jiyuu3/photo19box/d190825.html



入場料は、2500円。(先着の方にはパンフレット付き)

天気は晴れ。

スタート場所が近くでみられて、競技車のスタートダッシュのすごさとか、タイヤの音、マフラーの排気音など、体感する事ができ、カメラ片手に見ている人が多数おりました。

あと、コースの見晴らしが、なんか良くなっており、迫力のある走りがよく見える印象でした。

お昼休みにはギャラリー抽選会や、パドックが観客に開放されて、競技車を間近で見られて、全日本ダートトライアルを堪能出来たのではないでしょうか。

競技終了後には、お昼休みに行われた抽選に当たった方を対象に、ダートトライアル選手会による同乗走行が行われました。

全日本選手による競技車を使った、競技コースを同乗体験出来るという事で、とても人気があるようでした。

同乗とはいえ競技車を体験出来るなんて、あまり無い事だと思うので、貴重でうらやましかったです。

それから、表彰式にはレースクイーンがいらして、アシスタントなど華を添えておりました。







↓↓↓「2019全日本ダートトライアル選手権/第8戦」写真のページ↓↓↓
http://taoyaka201204.cho88.com/ai1heiwa2jiyuu3/photo19box/d190825.html





.

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 2015年 7月12日、青森県五戸町にある
「サーキットパーク切谷内」にて、
「2015 JAF 全日本ダートトライアル選手権、第5戦」
が行われました。

私は会場にて、ちょっとお手伝いなどを・・・。

入場料は前売り2千円、当日2500円。

参加台数は約120台だったでしょうか。
天気は晴れのドライ路面。1ヒート目と2ヒート目の合間に、散水車にてコースに土埃対策用に水を撒いておりました。

転倒車輌は無く、無事に競技が進行しているようでした。

ショップブースが出ていたり、お昼にパドックを解放していたり、ギャラリー抽選会があったりなど、それぞれに楽しめたのではないでしょうか。


きりやないは日差しが強くとても暑くて、会場にいらした方々は、体調的に大変だったと思いますが、土ぼこりの舞う中、豪快に走る競技車を堪能されたのではないでしょうか。


選手の皆さんや関係者をはじめ、オフィシャルや観客の方々、おつかれさまでした。






.

イメージ 1

 2014/7/13,青森県五戸町にあるサーキットパーク切谷内にて、
「2014 JAF 全日本ダートトライアル選手権、第5戦」
が行われました。

入場料は2500円。

前日の土曜日は公開練習で、13日の日曜日が本番の競技。

サーキットパーク切谷内で全日本ダートトライアル選手権が行われるのは今回で8回目でしょうか、
開会式には毎年、五戸町の町長もいらして、あいさつをしております。

私はお手伝いとして参加。

参加台数は100台とちょっとくらい。

公開練習は気温が上がって暑い思いをいたしました。

本番は、午前中の1ヒート目は曇りで、午後からの2本目はパラパラと雨が降り出して、後半には路面が濡れてタイムアップが厳しい状況になりました。

年に1度、東北地方で行われる、全日本ダートトライアル。
いろいろなマシンの、激しい走りが楽しめるイベントです。





イメージ 1

2012/7/22、サーキットパーク切谷内にて
「2012JAF全日本ダートトライアル選手権、第5戦
 東北ダートトライアル in KIRIYANAI
 集まろー東北 in トライアル」
が行われました。

ここ数年、この時期は軽く30℃を超える暑さの中の大会で、とても大変な思いをしていましたが、今年は「やませ」の影響で気温が上がらず、来られた方々は驚いたのではないでしょうか。

それでも午後にはおひさまが顔を出して気温も上がり、とてもよい大会になったのではないかと思います。

参加台数は約110台で、路面は散水によるウェットからドライというコンディション。
転倒車輌は無く、選手の方々は力の限り、とてもすばらしい走りを披露されておりました。

そんな走りを見ようと思ったかどうかはわかりませんが、カモシカも姿を見せておりました。

私は、主催者側のお手伝いなどを少々。

そういえは今回の大会プログラムには、参加選手の御名前とカラーで参加車両の写真が掲載されておりました。
その感じが、なんだかちょっと豪華に見えたのは、私だけでしょうか。

イメージ 1

 2011年8月7日、サーキットパーク切谷内にて、2011JAF全日本ダートトライアル選手権第5戦が行われました。

普段はジムカーナ場として使用されている所がパドックになっていて、競技車やテントがとてもカラフルで、今年も切谷内で熱いイベントが行われるんだなと、気持ちが盛り上がります。

参加台数はだいたい100台とちょっと、天気は晴れで気温がグングン上がってとても暑い日になりました。
路面はドライで競技開始前とお昼、2本目の途中に1回、それぞれ散水がされていました。

転倒が1台とタイヤバーストや牽引される車が数台で、それ以上の大きなトラブルも無く、無事に競技が進行しているようでした。

それから、去年のパドックには多数の忘れ物が残されていましたが、今年はそれがだいぶ減っていたようで、いくらかホッといたしました。

東日本大震災で家や競技車など被災された方が、何人か今大会に選手やオフィシャルとして参加されていたようで、この大会が多少でも何かいい方向に役に立てたら、と願います。

イメージ 1

 2009JAF全日本ダートトライアル第6戦、東北ダートトライアルKIRIYANAIが青森県五戸町にあるサーキットパーク切谷内にて開催されました。

開会式には五戸町長が挨拶をされていました。

参加台数は約120台、天気は曇りで2本目のDクラスの途中から雨になり、水をさしました。
転倒はたしか4台くらい。

私はオフィシャルの手伝いを頑張りました。

皆さん、本当に頑張りました。大変ご苦労様です。

しかし、当然の事とは言え、全日本選手の走りはすばらしかったです。十分堪能させていただきました。

オフィシャルの中には、走りが全然見られない人も結構いて、申し訳ない気もいたしますが・・・、私は走りを堪能いたしました。

ところで・・・、
来年もここで、全日本ダートトライアルを開催するらしい・・・。

私としましては、レースクイーンのおねえさんと出会えなくて、さみしかったです。

イメージ 1

 今日もサーキットパーク切谷内に行き、全日本前日の練習走行の準備とオフィシャルのお手伝い。

明日の大会を、ぬかり無くベストを尽くせるようにと、色々準備に追われていました。

おそらくそれは、主催者や選手、サービスなどの大会に関係している人、皆そうなのではないでしょうか。

14時23分のパドックは、カラフルに彩られておりました。

大会がしっかりと無事に成功、成立してほしいものです。
多くの人が一生懸命に、競技に臨んでいるのですから。

イメージ 1

 金曜日にサーキットパーク切谷内に行ってきました。
2009/8/9に行われる2009JAF全日本ダートトライアル選手権第6戦の準備を手伝うべく、サーキットパーク切谷内に行ってきました。

会場ではすでに、忙しそうに準備をしていて、8日の練習走行と、9日の大会当日に向けて頑張っていました。

競技車やサービスなどで賑わうであろうパドックも、今日の所は、ひっそり閑散としており、明日を待っていました。

イメージ 1

 全日本ダートトライアル選手権東北ラウンドが、サーキットパーク切谷内(青森県)で開催されました。

私は主催側のお手伝いに行って参りました。
全国各地から選手が集っての大きな大会なので少々緊張気味に行って参りました。

8月2日は練習走行で天気は時折雨の降る中行われました。
朝5時半現地集合、お手伝いがんばりました。

8月3日、いよいよ全日本ダートラの本番、朝4時半現地集合。雨の降る中お手伝い。

朝は雨が降りコース路面はウェット、昼頃は雨も上がり路面は乾き始め、午後はほこりが立つほどのドライ路面。

なんとか与えられた役割を一生懸命こなそうとがんばりました。まずは雨に濡れ、そのあと汗ダク、そして土ぼこりにまみれてがんばりました。

全日本では普段会えない人と久しぶりに会う事が出来たり、あまり話す機会のない方々と交流を持てたるする場でもあり、作業的には大変で不愉快な思いもしたりしますが、しかし、とても貴重な体験の出来るイベントで、いろいろと勉強になる事がたくさんあります。

全車走行終了し、一緒にいた仲間に「土ぼこりで口の中がジャシジャシするよね」と話した所「はい、そうですね。ジャリジャリしますね」

私は「ジャシジャシ」ですが、
彼は「ジャリジャリ」するそうです。

意味は同じなんだそうで、ただ私のは方言らしいのですけれど・・・。

↑このページのトップヘ