タグ:八戸サーキットパーク

b001105hati1
b001105hati2
b00416hati3

 青森県八戸市にあった「八戸サーキットパーク」。

馬淵川の河川敷に、1992年に出来たように記憶しております。

当時珍しい、行政が関わって出来たコースとして、話題になったような、ならなかったような……。

このコースは、2006年4月2日のさよなら走行会を最後に閉鎖されました。


20年前の2000年当時「八戸サーキットパーク」では、
ダートトライアルは東北戦とジュニアシリーズ、八戸シリーズが行われておりました。

当時はこの辺りには、ダートトライアルの主催クラブが5つありましたが、今は2クラブに減ってしまいました。

また、オフロードレース的な「ダートスプリントレース」シリーズもあり、たくさんのイベントが行われておりました。




イメージ 1

イメージ 2

 なんとなく、20年前の1998年の青森県のダートトライアルを振り返ってみました。

当時の青森県にダートトライアル会場は、八戸サーキットパークただ一つ。

クラスは「A」「C」「D」車両。
軽自動車も結構走っておりました。

参加台数は百台以上ありまして、今の倍くらい。
賑わっておりました。


未だに参加している方も結構おりますし、当時と今と変わったところも変わらぬところもありまして、懐かしいような、ついさっきの事のような不思議なカンジです。

この20年の時間は、長いんだか、短いんだか。
色々と思う次第であります。





●●● 写真のページ ●●●
http://taoyaka201204.cho88.com/ai1heiwa2jiyuu3/mukka/photo.html




.

イメージ 1

 ついでに10年前の1999年、八戸サーキットパークでは、東北戦が1戦、北東北戦が2戦、八戸サーキットパーク戦が5戦、そしてダートスプリントレースが6戦行われています。

クラス分けは今とは違いA、C、Dクラスの区分でエントリー料は8千円から1万円位。

この年の東北戦第3戦では、参加台数が110台。
他の大会では、上位入賞者のウイニングランをしてみたり、いろいろ趣向を凝らしておりました。

そこから10年経った今は、クローズドクラスをあわせてその半分くらいの台数か・・・。

それからこの頃は6戦も行われていたダートスプリントレースは、今では無くなってしまいました。
でもまあ、JORシリーズがありますか。

10年前の1999年、この頃にはもう岩手山のコースはなくなっていたっけ・・・、
スポーツハイランド新郷が出来たのがこの年だったか次の年だったか・・・、
ダートアドベンチャー金ヶ崎が出来たのは確か2000年だったか。
ジムカーナでは、この頃には岩手県の平庭高原で競技は行われていなかったっけ・・・。

あまり記憶が定かではありませんが・・・。

まあ、八戸サーキットパークを含めて、今あげたどのコースでも今は、競技は行われていないのは確かですが・・・。

↑このページのトップヘ