タグ:十和田市現代美術館

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 十和田市現代美術館に行って参りました。

常設展+企画展の観覧券が千円。

ちなみに、券売機にはこの「常設展+企画展」の観覧券しかありません。
前回は確か、常設展だけ、企画展だけも選べたような……。
常設展だけ、企画展だけの場合は、直接受付に申し出なければならないようなので注意が必要です。


久しぶりに来てみたら、なんと、常設展有料エリアで、写真撮影が出来るようになっておりました!(一部を除く)

フラッシュや三脚などのいくつかの制限はありますが、写真OK!になっておりました。

なんでも、2017年10月7日からだそうです。

そして今回は特別展の方も、写真撮影OK!となっておりました。

一部OKとかはありましたが、一部を除いてOKの美術館はあんまり無い感じが致します。


企画展は、2017年10月7日から2018年1月29日まで。

遠くからでも見える人

森北伸展  絵画と彫刻


常設展にある、「フライングマン・アンド・ハンター」の作者「森北伸」の個展となっております。

2017年11月19日にワークショップがあるようです。


ちょっとしたこと……、
企画展示室にあるパンフレット、なんか好きです。





.

イメージ 1

 ちょっと時間を見つけたので、十和田市現代美術館に行ってきた。

十和田市現代美術館では、特別企画展として、
「メッセージズー高橋コレクション」
をやっておりました。

2015年9月19日~2016年1月11日まで。

観覧券:常設+企画:大人1000円。

 内容は、精神科医の高橋氏のコレクション。
村上隆、会田誠、山口晃、奈良美智、などなどの作品。

私としましては、「チームラボ」の
「世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う」
が、とても欲しい!と思いました。
ここ何年かの中で、一番欲しいと思ったかも。

それから、「竹川宣彰」の牛乳パックで出来たヤツ、
「遊牧(子牛)」が気に入りました。

あと、「華雪」の「日」は、
その部屋では、いくら考えてもわからずじまい。
帰ってから、作品の内容を知って、ちょっと理解。

その他、見応えのある作品ばかりで、楽しめました。


ちなみに、エレベータの中の常設作品は、「メンテナンス中」ってなっておりました。

それすら「作品???」と、思ってみたり。









.

イメージ 1

 青森県十和田市現代美術館に行ってまいりました。

十和田市現代美術館 開館5周年記念展 vol.1
「flowers」
フラワーズ 一斉に芽吹く花のように

2013年4月27日~9月8日まで
入場料は常設展は500円、企画展は600円
常設展と企画展のセットが1000円。

作品は十和田市現代美術館だけではなく街中にも多数展示されているようです。
その為でしょうか、美術館に行く道すがら、カメラを持って歩いている人たちを何人か見かけました。
そして美術館の周りにもカメラを持っている人達が多数おりました。
そして美術館の企画展でも、ほとんどの人がカメラを持って撮影していて、あちらこちらで「ピピッ」と電子音が鳴っておりました。

前回の奈良美智の企画展と同じようで、今回の企画展「flowers」も作品の撮影はOK、でもさわっちゃ駄目となっておりました。

知らなかった・・・、カメラを持っていけば良かった。
これから行く人はカメラを持ってGO!

 企画展の展示部屋に入ると「草間弥生」の「真夜中に咲く花」がお出迎え。
蜷川実花さんの作品の展示部屋が印象的でした。

時間があれば街中の展示も見て歩きたいと思います。

今回の十和田市現代美術館の「flowers」は、結構人が入ってにぎわっているようでしたし、美術館の周りにもカメラを持った人がたくさんおりました。
なんか、いい感じのような気がいたします。

 ところで、今回の十和田市現代美術館、開館5周年記念展 vol.1
「flowers」のパンフレットなのですが・・・。

私の手元には「奈良美智バージョン」と「蜷川実花バージョン」の2種類あります。
十和田市現代美術館でもらったものと、鷹山宇一記念美術館で見つけたもの。
家でふと、改めて見たら気がつきました。
期せずして2種類ゲット。

この「flowers」のパンフレットって、この2種類だけなのでしょうか???

もしかして、今回作品を出展している十数人分のバージョンがあるのでしょうか。

なんか・・・、とても気になります。
なんか・・・、全部集めたくなってしまいます。

イメージ 1

 十和田市現代美術館に行ってきました。

奈良美智「青い森の ちいさな ちいさな おうち」
Yoshitomo Nara:The Little Little House in The Blue Woods

観覧料は企画展+常設展セット券は900円、企画展は500円。
2012年9月22日から2013年1月14日まで。

チケットを買って企画展展示室に行き、チケットを渡すと
「入り口が低いので、頭に注意して下さい」
はいはい、「入り口で頭ぶつけた」情報入手済み、大丈夫、知ってます。

それからまだ言葉は続き、
「フラッシュを使わなければ、写真はOKです」

なんと今、「写真はOK」・・・と言った・・・。

予想済みの「頭に注意」。
予想外の「写真OK」に結構驚いた。

本当に写真いいの?
と思いながら展示室に入ると、作品を撮っている人がいた。
なんかかなり不思議な気分。

外にある大きな作品「夜露死苦ガール 2012」
カッティングシートの作品なのね。

そういえば、その脇の「ポール・モリソン」の作品は描いてあるのかどうだか、ちょっと気になる。
せっかくすぐ確認できるところにいたのに、なんで見なかったのだろう。


十和田市現代美術館に向かっている途中、かなりの時間虹が出続けていた。
そして私は、その虹を正面に見ながら、ずっと走り続けた。

私のための道標だと思いながら・・・。

イメージ 1

 震災後、まだまだ色々大変で、元の生活にもどる見通しもたたない状態が続いております。
心よりお見舞い申し上げます。

現在の私の地域では震災前よりも、色々少々不便なくらいですんでおります。

こんな状況では趣味に興じたり、美術館などに出かけたり出来ません。そんな気になりません。
早くそういった余裕のもてる生活になりたいものですし、なれるようにお祈りいたします。

震災前に私は十和田市現代美術館に行ってきました。
震災後は休館をしているようで、今後の内容も変更があるようです。

さて、十和田市現代美術館では、

2010年度 Arts Towada オープンギャラリー
安斉将展 横浜→十和田 (2011.2.26~3.13まで)

という企画展をしておりました。
入場は無料。

「 Arts Towada オープンギャラリー」というのは、十和田市や周辺地域に在住、または十和田市にゆかりのあるアーティストを対象とした公募による展覧会だそうです。

私は、一度に多数の方々の作品を展示する物と思い込んでおりましたが、そういう事ではないらしい。

今年度は、十和田市在住のイラストレーター、安斉将による展覧会だそうで、多数の方々の作品を展示するような物ではないようです。

この「安斉将展 横浜→十和田」期間中のイベントとして、展示室内に「安斉さんのアトリエ」が出現し、来場者の見ている所で本人が作品を制作したそうです。
私が行った日にはしていませんでした。残念。

作品は、いくらでも広がっていくよう印象を受け、楽しませていただきました。

入場料が無料で、このような展示企画ってとてもよい物だと思いました。

「 Arts Towada オープンギャラリー」、今後もかなり期待しております。

がんばれ!日本





イメージ 1

 近くまで来たので十和田市現代美術館によってきました。

ところが常設展だけの展示で、企画展などの他の展示はありませんでした。

どんな企画展をやっているのか楽しみに受付に行ってかなり「ガックリ」。

なんか、企画展の展示が切り替わる隙間の、何も無い2週間の期間に来てしまったようです。なんてタイミングの悪い事でしょう。

ちゃんと調べて来ればよかった。

しかしながら、せっかく来たのだからと気を取り直して、観覧券を購入500円。

「まずは屋上から」と張り切って向かうと、屋上に出る扉に張り紙が・・・。

積雪のため
屋上には出られませんので
ご了承してください
Because of the snow,We close the door.

「季節や天気、気候によって見られないもがあるのもしょうがない」と自分に言い聞かせる・・・。

美術館前にある「アート広場」は、<愛はとこしえ十和田でうたう>とてもにぎやかに見えました。

十和田市現代美術館の美術館カレンダーによると、
●2月26日~3月13日、「Arts Towada市民オープンギャラリー」
市内ゆかりの方、及び周辺地域で活動している方から公募する展覧会。
●3月19日~4月10日、「誰か心に傷のなき」
カナダ、ケベック州在住の作家によるビジュアルアート展。

館内には去年行った時には無かった、十和田地区、上十三地区、青森県の観光関係のパンフレットが、たくさん置いてありました。

イメージ 1

 十和田市現代美術館の外や、向かいのアート広場にも作品が展示されていて、結構目立っています。

ゴールデンウィーク中などは、ちょうど桜の見頃と重なった事もあり、かなりの人でにぎわいを見せたらしいです。

私が行った時にはあまり人はいませんでしたが、それでもカップルやお子様連れの方達、中国語らしい言葉が飛び交う団体など、人が絶える事がありませんでした。

今後も何やら面白そうなことが起こりそうな期待を持たせてくれます。

イメージ 1

 十和田市現代美術館に行ってきた。

Arts Towadaグランドオープン記念展
「草間彌生 十和田でうたう」
2010/4/24~8/29、十和田市現代美術館・中心商店街。

入場料は常設展と企画展、あわせて900円。

「草間彌生 十和田でうたう」企画展示場の受付で、
「白線の内側に入ったり、展示作品に触ったりしないでください。」
「は~い、わかりました。」と、諸注意を受けて、さっそく中へ。

入って早速
「ん~、白線の中に入りたい・・・、作品に触りたい・・・」

常設展でもそうなんですが十和田市現代美術館に来ると、この衝動との戦いが待ちかまえているんです。

美術館であたりまえのマナーの一つなのでしょうが、これが実に悩ましい。さわりたい、でもさわっちゃいけない。

さて、草間彌生、彼女が60年とか前に描いた作品が多数展示されている部屋があり、私にはその空間がとても印象に残りました。

それから、十和田市内を通ると、道すがら赤い水玉模様をよく見かけます。

何やら今回の展覧会では、美術館のみならず、中心商店街全体にも作品を展開しているらしく、今回は見ている時間がなかったので、機会があれば楽しみたいと思いました。

イメージ 1

 十和田市現代美術館に行って参りました。
企画展では、開館1周年記念「チェ・ジョンファ<OK!>」展をしておりました。

常設展プラス企画展で観覧券、900円也。

美術館の外の通りに面した所にある、花模様の馬のモニュメントの作者の、チェ・ジョンファ氏による日本初の個展だそうです。

そして、この企画展の展示作品の3割が、十和田市現代美術館で展示され、残りの作品は、十和田市内の商店街などに展示されているとの事。
美術館を核として十和田市の広範囲を展示会場とし、たくさんの人々が関わり、いろいろ盛り上げて行こうと作られているように感じられました。

期間は、2009/4/25から8/23までとの事なので、今度は、市内に展示されている作品も、そのうち、観に行きたいと思います。

それから、常設展は内容が1年前と変わっていないようで、こちらは少々残念な気分がいたしました。

あと、美術館の道路を挟んだ向かい側に、アート広場が2010年の春頃出来るらしく、何やら楽しげなものが、色々出来ている様です。

イメージ 1

 巨大化した赤いアリ「椿昇」「アッタ」です。

 今回の十和田市現代美術館では常設展と企画展「オノヨーコ」「入口」をやっておりました。どちらも私にとっては、思いのほか楽しい時間を過ごす事が出来、とても満足させていただきました。

展示室が多数あり、それを次々と巡っていく。その他思いもよらぬ所で作品に出会えたりして、ワクワクと期待感。
その感じが、的確ではないかもしれませんが、まるで宝探しをしているかのようで良い意味で私の期待を裏切ってくれて、とても楽しかったです。

また来てみよーっと。

 館内のとある所に何かが入ったレジ袋のようなものが・・・
こんな所にゴミを捨てる人がいるなんてとても残念です。

ん、んん?
でもなんか不自然。
中をのぞくとゴミではないようなものが・・・。
うーん。

その近くに作品タイトルと作者などが書いてあるプレートが!!

私が一見ゴミと思ったそれは、れっきとした「作品」だったのですね。

作品とゴミの区別のつかない私。現代美術、まだまだ勉強が足りませんでした。

↑このページのトップヘ