タグ:夜

イメージ 1

 先週の寒さと雪は、すぐに暖かく溶けるだろうと、勝手に思っておりました。

しかし、この一週間は全く暖かくなりませんでした。
降った雪も溶けずに残ったまま。

改めて12月、冬なのだなと思う次第であります。

今年もあと少し。

「平成最後」という言葉を沢山聞くようになりました。







.

イメージ 1

 2018年11月の24日、
夜にちょっと外に出てみると、お月様が明るい。

なんか、いつもより明るく見えるのは、気のせいか……、疲れ目か……、
実際に明るいからなのか……。

ここ数日はなんか、また寒さが一段レベルアップしたように感じます。


とりあえず、ズームレンズの300mmで撮影、35mm換算では1.5倍の450mm相当。

この焦点距離では、お月様はこれくらいの大きさ、
というか小ささに写ります。

露出は、私のカメラまかせPモードで撮ると、露出オーバーでただの光の玉に写ります。
ISO200、絞りF5.6、シャッタースピード1/2。

なので、そこから8段分でしょうか、露出アンダーにします。
Mモードにして、ISO200、絞りF5.6、シャッタースピード1/500。

これでお月様の模様も見られるようになりました。

今回は三脚を使用しておりますが、この条件ですと手持ち撮影ができそうな感じです。








.

イメージ 1

イメージ 2

 12月14日は、確か「双子座流星群」だったと思い、ちょっと検索してみた。

すると、ピークは日中らしいとか、月が明るいとか寒いとか・・・。

要するに、流れ星の観測には向いていないらしい。


そんな中夕暮れになり、丸い月が明るくのぼり始めました。
星も見え始めましたので、30分くらい空を見上げていましたが、見つけられず。

思いのほか、寒くはありません。


そして、1時間位してからまた空を見上げると、雲が覆っており観測できず・・・。

残念・・・。



ちなみにこの後では、1月3日に「しぶんぎ座流星群」があるらしいです。


星に願いを・・・、
みたいな事、たまにはいかがでしょう。






.

イメージ 1

イメージ 2

 なんとなく、「フッ」と夜にちょっと写真を撮ってみた。

ライトアップとイルミネーション。

三脚を使って、とりあえず「Pモード」で撮影。

デジタルカメラの良い所の一つ、撮った画像がすぐ確認できる。

ライトアップの方は、「Pモード」では
私的にちょっと露出オーバーだったので、露出補正「-1」。
ISO400、シャッタースピード:0.6秒、F4.0。

イルミネーションの方は、「Pモード」では
私的にちょっと露出アンダーだったので、露出補正「+1.3」。
ISO400、シャッタースピード:1.0秒、F5.0。

寒いし風が強いし、いい場所は車が邪魔で撮れないし・・・。
という事で、早々に撮りたい気分は無くなってしまいました。

寒い所から暖かい所にカメラを持っていくと、結露して始末が悪くなるので、十分注意を。

なんか、冷えたカメラをビニル袋に入れて、暖かい部屋に入ると結露しにくくなるという噂がありますが・・・。

とにかく温度差には十分注意して下さい。

イメージ 1

 普段寄らない場所のコンビニに立ち寄ってみました。
駐車場からイルミネーション的なものが見えたので、ちょっと近くまで・・・。

暗がりの中にある、ちょっとした光。

まわりはひっそりとして誰もいない。

寂しさを際立たせているようにも見えるよう・・・。

ロマンチックよりセンチメンタル。

強い地震にちょっとびっくり。
もう12月、今年ももう僅か。

イメージ 1

前回ドカンと降った雪も十分解けて安心している間もなく、またドッサリ降っちゃった。

でも今回は前回の半分くらいで、まあ一安心。
天気予報では、あと数日すれば気温が上がるらしいので、この分では降った雪もすぐ解けそうです。

とはいえ、現段階では自動車は通れないので雪かきはしないと・・・。


ちらっと見かけたテレビでは、大相撲の春場所、千秋楽が映っていました。

なんか大阪城付近では、今「梅の花」が見所だそうで・・・。


この時期の雪は、重くてくっつくので作業がしづらい・・・。
でも、今シーズンはこれで最後かも。

イメージ 1

全国的に雪がすごいらしいですが、私の所はそれほど降らずにいます。

雪かきなどに苦労する事はありませんが、寒い日が続いていて、
水道を凍らせたとか、よく耳にいたします。

この冬の雪の状態では、これから水不足が心配です。


普段はあまり通る事の無い歩道を、40分ほど歩いた・・・。

雪があるので少し歩きにくい。

雪が無い所は凍っていてツルツル、歩きにくい。

街灯によって出来た影とか見ると、なんかさみしい気持ちになってきます。

でも暗がりの中にある街灯の明かりは、希望に見えたりいたします。

イメージ 1

2011年、クリスマス

日曜日の夜、クリスマスの気配でも感じられるかなと思い、21時すぎに八戸の街を通ってみました。

しかしながら、あまり普段と変わりないかも・・・。

でも、帰りに寄ったコンビニには、男のサンタ、女のサンタ、子供のサンタがウロチョロしておりました。

まさかこんな所でサンタに会えるとは思ってもいなかったので、得した気分。


ほんのひと時でも、会えたら嬉しいと思います。

・・・会いたい人に・・・。

イメージ 1

 2011年12月14日は獅子座流星群が見られるらしい。

なんか午前0時頃をピークに、1時間あたり20個から40個くらい見られるとの事。

この天体ショー、ちょっと観測でもしてみようかな。
などと思っていたら、22時頃に冷たい雨が降って来た。

残念・・・、と思っていた所、いつの間にか止んでいる様子。

23時30分頃、外に出てみると薄い雲が少しあって、お月様が明るいですが、大丈夫そう。
と思った矢先に、1つ流れ星、流れた!

降った雨が凍って少々歩きづらいし寒いのですが、いやいや、テンション上がります。

結果、23時30分から0時30分くらいの1時間、空を見続けて流れ星6個観測。
幸先は良かったのですが・・・。
まあ、数はこんなものでしょう。
願いは唱えられませんでしたが、とてもいいものです。

でも、もしも、何の知識も無い状態で、あの現象を見たらどう思っただろう・・・。
なんて考えてみたり。


流れ星って写真に写せるかなと思い、チャレンジしてみました。
・・・が、結果は、北斗七星なのか小熊座なのか、ヒシャクの形をした星座の右側にそれらしい気配。
よく解らないかもしれませんが・・・。

「Mモード」絞り:5.6、シャッタースピード:30秒。
焦点距離:約28mm(ズームレンズ、35mm換算)
ISO400、マニュアルフォーカス、三脚使用。

カメラの方向やタイミングなど、なかなかうまくいきません。
その上、カメラが夜露で濡れてくるし、レンズが曇って見えなくなるし・・・。
結局、30分位しか撮影できませんでした。

なかなかうまくいかないものです。
でも、何とかなりそうな気も致します。

冬の夜の撮影には、なんかノウハウが必要みたいです。

イメージ 1

イメージ 2

 2011年12月10日は皆既月蝕です。

23時40分頃、外に出てみると、お月様が隠れていました。

隠れていると言っても、雲に隠れているのではなくて、月蝕。
薄い雲が少々ありますが、影響なくしっかり観測できる状態です。

そこでカメラを三脚にセットして、撮影開始。

しかし、お月様は真上付近にいるので、私のチャチな足の短い三脚では、真上の撮影は体勢がきついです。
とてもファインダーをのぞきにくい。可変モニターが欲しくなります。

とりあえず一枚。
「Mモード」(絞り:5.6)(シャッタースピード:30秒)
ISO400、焦点距離:約110mm(ズームレンズ:35mm換算)
MF(マニュアルフォーカス)

三脚使用とはいえ、少々風があり、チャチな三脚ではブレてしまいました。
今度の時はなんか対策を考えなくては・・・。

それから、また一枚。
「Mモード」(絞り:5.6)(シャッタースピード:1秒)
ISO400、焦点距離:450mm(ズームレンズ:35mm換算)
MF(マニュアルフォーカス)

さすがに月蝕前に比べてかなり暗いです。
やっぱりブレている。

しかも、主役のお月様を画面の中心にしたかったのに・・・。

寒い中の撮影がんばったけど、こんなもんです。

でもまあ、色々解った事もあるので、これはこれで・・・。

天体ショー「皆既月蝕」初めての撮影でした。

↑このページのトップヘ