タグ:石神の丘美術館

イメージ 1

イメージ 2

 岩手県の岩手町立石神の丘美術館に行ってまいりました。

そこでは、大船渡市出身「三浦千波展」と
ホール的なところでは、
中川直人「希望、1000人のポートレート展」
が行われておりました。

2013年4月13日から5月26日まで、
入館料300円(確かそうだった気が・・・)。

「三浦千波展」の内容は、三浦千波の初期から最近までの作品の展示。
近年、ふるさと気仙地方の自然をテーマにされているらしく、そういった作品が多数ありました。
東日本大震災によって被災する前の風景と、その後の風景が展示されております。
生家は二階の天井まで津波が押し寄せたそうです。

作品を近くで見た印象と、離れてみた時の印象の違いが、なんか興味深く面白かったです。
「花」という作品だったか、とても欲しくなりました。

 それからホール的な所では、中川直人「希望、1000人のポートレート展」。
内容は、東日本大震災で写真を失った人たちの為に、ボランティアで描いた肖像画の展示です。
一年がかりで描いた1000人の肖像画の中から、今回は約60人分が展示されておりました。

このような活動をされている方がいるなんて、ここに来るまで知りませんでした。

どのような気持ちで描き、描かれ、
どのような気持ちで渡し、渡されるのか。

 あと、野外の展示スペースに、前に来た時にはなかっと思う「恋人の聖地」のモニュメントを発見。

美術館には誰もいなくて、私一人きり。
帰る時になって一人入ってきた。
もう少し美術館にはにぎわってほしいと思います。

今になっても・・・、というのか、
今になるほど、受け止められないような・・・。

イメージ 1

 ちょっと芸術に親しみましょうと、美術館までドライブなど楽しんで参りました。

ドライブのお供は、今では、まったく出番がなくなり、ほとんど存在さえ忘れ去られた感じのするカセットテープ、RCサクセションの1990年発売「BEST OF THE RC SUCCESSION 1970-1980 、1981-1990」。

それと、少々のCDを持って、岩手県立「石神の丘美術館」まで・・・。

石神の丘美術館では、【芸術監督就任記念/斎藤純セレクション「印象・いわて」7人の画家の表現】をやっておりました。

入場料300円也。
室内と野外展示場を十分、堪能させていただきました。

さて、時間もまだまだ大丈夫のようだし、もう少し先まで行ってみよう・・・。

イメージ 1

 もうすぐお昼になりそうな時間、なんとなくフラ~っと、「久しぶりにドライブなどでもしてみようか」などと少々現実逃避気味の気分で思い立ってしまいました。

そう思い立ったからには、さて北に行くか南に行くか・・・、西に行くか東に行くか・・・。

まあ、サクッと考えて今回は南側の美術館まで片道2~3時間弱の距離のドライブに決定。

岩手県の岩手町立石神の丘美術館に行って参りました。
この石神の丘美術館は、なんか「恋人の聖地」に認定されているらしいのです。去年行った時は認定されていなかったと思うのですが。

うろ覚えですが、「恋人の聖地」は全国各地50カ所くらい認定されているらしく、うろ覚えなので誰が認定したとか、だからどうしたなど具体的な事はほとんど思い出せませんが・・・。
あまり興味を引かれなかったもので、「ふーん」てな感じでしか見なかったもので・・・。

石神の丘美術館では「いわての現代美術と出会う、夏。」という展示をしておりました。入場料300円なり。

晴れのよい天気の中、野外展示場の散策はとても気持ちよいものでした。

↑このページのトップヘ