タグ:自動車

イメージ 1

 2019年になりましたところで、ちょっと20年前の1999年の青森県のダートトライアルを振り返ってみました。

当時の青森県には、サーキットパーク切谷内も新郷ハイランドも存在しておらず、
青森県唯一のダートトライアル場は、馬淵川の河川敷にあった「八戸サーキットパーク」。

サーキットパーク切谷内から車で20分位のかんじでしょうか。

この場所で、東北戦、JMRC東北戦、八戸サーキットパーク戦が行われており、その他にダートスプリントレースなどが行われておりました。

この頃のダートトライアルのクラス分けはAクラスが1~4、
Cクラスが1~3、Dクラスという具合になっておりました。

この頃の東北ダートトライアル選手権の参加台数は、普通に100台を超えており、イベントも多くとっても賑わっておりました。

私は当時はフィルムを使って写真を撮っておりました。

36枚撮りフィルムを使っていて、それが1本あたり、
フィルム代、現像代、プリント代あわせて、だいたい2500円位かかっていたように記憶をしております。

それを東北戦で6本前後使用しておりました。


そんな状況だった当時も、もう昔の話。

今はカメラはデジタルになっており、当時使用していたミノルタのカメラ、コニカのフィルムは、それぞれ会社がなくなってしまいました。

八戸サーキットパークも無くなり、当時の主催クラブも無くなったところもあり、20年の時間を感じてしまいます。

そういった大きな時代の変化もありますが、それでも今もあまり変わらずに有るモノも有り、ちょっとの間センチメンタルに……。

少しでも良い時代になりますように、時代を進んでいきたいと思います。







.

イメージ 1


 2012/11/4、サーキットパーク切谷内にて行われた
「2012 ジャパンオフロードレース JORシリーズ 第4戦(最終戦)
ジャパンオフロード in 切谷内」

今回のJORでは、土ぼこりがいつもよりも少なめなうえ、風が観客のいない方へ吹いてくれたおかげで、あまり汚れずにすみました。

それにいつもレースの合間、合間に行われていた土ぼこり対策の散水も行わずにすんだようで、今回はいつもより速く進行していたので、見る方としては待ち時間が少なくなり良かったと思います。

土の上のイベントなので、土ぼこりにまみれるのは覚悟の上なのですが、当然快適にイベントが楽しめる事にこしたことはありません。

すごい土ぼこりの中で写真を撮っていると、レンズの隙間に侵入してしまって、ズームする時などゴリゴリな感触で、非常に不快です。これが全然直らない。

これに関しては、誰かに文句を言ってもしょうがない問題ですけど。

とりあえず、私の観戦予定としては、今年はこれで終了かも・・・。
そういえば、今年行ったモータースポーツのイベントで、レースクイーンやキャンギャルには会えずじまい。

これに関しては、誰かに文句を言えば何とかならないか・・・。













イメージ 1



 2012/6/10にサーキットパーク切谷内にて行われた
「2012切谷内ジムカーナ走行会/第1戦」

やっぱりジムカーナも参加台数は少々寂しい状態でした。
ん~、誰か・・・なんとか・・・お願いします。

さて、今回はちょっと計時室に潜入してみました。
当日は風が冷たく、ちょっと寒い霧雨まじりのお天気。

計時室の入り口に向かって風が吹いていたので、
霧雨が風に乗って入ってきて、計時室の入り口は結構ウェッティー。

放送機材などの機器をフキフキとかしたりして、
お手伝いしているフリなどしてみたり・・・。

放送機材や計時機器、晴れのダートトライアルではホコリまみれになって悲惨だし、
霧雨のジムカーナでは濡れてかわいそう・・・。

汚れて帰ってお風呂に入ってさっぱり・・・、
みたいな事が出来たらどんなにいいか・・・。

てな事をお風呂上がりに、ふと思ってみたり・・・。










イメージ 1

 2011/10/30に行われた、
「2011切谷内ジムカーナ走行会、第3戦」
も無事に終了し、今シーズンの切谷内ジムカーナ走行会は、当初の予定通りに3戦が終了いたしました。

とはいいましても、第3戦の日程が23日から30日に変更になりましたけれど・・・。

それでもとにかく無事に、シリーズを行えたことに考え深いものがあります。
色々ありましたから・・・。

・・・感謝・・・


つきましては、
「2011JMRC北東北ダートトライアル、サーキットパークシリーズ」
及び、
「2011切谷内ジムカーナ走行会シリーズ」
の年間表彰式(納会)が行われるようです。

2011年11月20日、日曜日、13時より15時まで。
会場は、八戸市にある「新八温泉」
会費は2千円となっているようです。

「皆様お誘い合わせの上、ご参加いただきますようお願いいたします。」
らしいです。

今年もごくろうさまでした。






イメージ 1


 今回のサーキットパーク切谷内にて行われた
「2011JOR、ジャパンオフロードレース、第5戦」

天気に恵まれた一日でした。

入場料は千円で、9時過ぎから予選が始まりました。

予選が終わったあとコース整備があり、NとXクラス混走のレース。

少々インターバルの後、CとPクラスの混走レース。

この競技進行でしたら、ほとんど午前中にスケジュールをこなせそうな感じです。

そしてお昼の抽選会。

午後は耐久レース、その後表彰式、みたいな感じのスケジュールとなっているようでした。

今回の耐久レースは、最終戦価格とか何とかで参加料が7千円とかだったようです。
いつもはいくらなんでしょうね。



イメージ 1

イメージ 2

 2011JOR、ジャパンオフロードレース第3戦、
「23th OFF-ROAD RACE IN LAKE GANDO」が岩手県岩洞湖の、オフロードコース岩洞にて行われました。

今回私、初めて岩洞湖のレースを観に行ってきました。
入場料1500円なり。

なんか雰囲気的に昔のサーキットパーク切谷内に似ているような違うような。

観客がたくさんいて、出店もいくつか出ていて盛り上がっていました。

初めてのコースなので、どうもGoodな写真撮影場所を見つけられませんでした。
それでもなんとか競技車を撮りながら、他にいい場所無いかと周りを見ると、なんと、GOODYEARエンジェル発見。

GOODYEARエンジェルの来るイベントって、久しぶりです。

競技車を撮っている場合ではありません。テンションの上がった私の心は彼女達だけしか見えません。

早速写真を撮らせていただき、うちわをもらって、そのうちわにサインももらって上機嫌。

そうです、これです。
JORの魅力のひとつは彼女達です。
これを待っていた。

シャッターを切る楽しさを思い出させていただきました。
ありがとう、「相沢やすか」ちゃん、「平井和希」ちゃん。

また会えたらいいな。

http://taoyaka201204.cho88.com/ai1heiwa2jiyuu3/p11/jor110821.html



.

↑このページのトップヘ