タグ:雑誌

イメージ 1

イメージ 2

 新年を迎えるにあたり、物やゴミで片付かない部屋を片付けていたところ、十年前の2004年の「JAFスポ(5月から12月)」が出てきた。

うっかりページを開いたものだから、もう片付かない。

2004年は「WRC」が北海道で日本初開催。
スバルとMITSUBISHIがWRカーで参戦しておりました。
日本車ワークス、そろそろ、また見たいなぁ。

それから「富士スピードウェイ」が改修で休止中。

東北の記事が5つ位しかなかった。


懐かしくなって、気になって、手元の資料を出してみてみた。

全日本ダートトライアル第4戦が、今は無き岩手県の「ダートアドベンチャー金ヶ崎」にて2年ぶりに行われておりました。
参加台数は約120台。

1月には十和田湖町にて二年目のスノートライアルが行われて、参加台数は約80台。

切谷内ではオフロードレースが二回開かれ、いずれもレースクイーンが来場(二人と四人)。
及び3時間耐久オフロードレース。

今は無き「八戸サーキットパーク」にてダートトライアル。
東北戦は約80台。ジュニアシリーズは40台前後。

切谷内に場所が変わる前に行われていた、岩手県の平庭高原での、ジムカーナ走行会。
約120台、約90台、約100台の参加台数で3ヒートトライアル。

あとそういえば、今は無き「新郷のコース」。
手元に資料が無いけど、スノートライアルやダートトライアルを開催していた気がいたします。

どうでしょう、この十年で色々大きく変化したような感じです。
その変化の多くは、決して良い方ではない方向になってしまっている感じですが・・・。
どうなんでしょう。

でもまあ、今が底でそろそろ「V字」回復。
て言うような事なのかも。


 この頃に撮った写真を見てみると、「白黒」の写真を結構好んで撮っていた事を思い出しました。

イルフォードの「XP2」というフィルム。
「カラー現像の白黒フィルム」で、とても手軽に便利に使っておりましたし、女の子には珍しさもあって、好評だったように思います。

 さて、今年も残すところあと僅か。

お体などお大事に。

良いお年を・・・






.

イメージ 1

 月刊はちのへ情報アミューズという雑誌に1ページ、切谷内ジムカーナ走行会第2戦の様子が掲載されていました。

まあ、ちょくちょく切谷内の様子が掲載されているようなので、販売している地域に来ましたら、ちょっと手に取ってみてくださいね。

なんか宣伝みたいになってしまいました・・・

イメージ 1

イメージ 2

 しばらく休刊しておりました参加型モータースポーツ系雑誌「プレイドライブ」が、いよいよ復刊するそうです。
休刊をさびしく思い、そしてこのまま終わってしまうのではないかと心配していた私にとっては、大変喜ばしくそして、非常に楽しみに思っております。

「プレイドライブ」との出会いは、私が車の免許を取得して車に興味を持ち始めた時に本屋さんで見つけてそれを手にしてから始まりました。
今から二十と数年前の話です。
元々モータースポーツが大好きで、2輪や4輪問わずレースはもちろんパリダカやWRCなどのラリーをテレビやビデオでワクワクしながら見ていた私が、その雑誌に興味を持ち付き合い始めるのは当然の事でした。

この「プレイドライブ」で初めて、パリダカやWRCなどに代表されるラリーが、規模やスタイルは違えど日本で、しかも私の家の近所でも行われている事を知り、画面でワクワクして見ていたモータースポーツが、とても身近なものである事を教えてくれました。

その「プレイドライブ」が休刊になると、代わりになるような雑誌など無いので、とても困っておりました。が、しかし、思いのほか早くに復刊していただいて本当に嬉しいです。
おそらくたくさんの人達が、たくさんの努力をしてがんばってくれたのでしょう。ありがとうございます。

待ち望んでいた「プレイドライブ」復刊、とても嬉しいです。これからずっと、今まで以上に多くの人達を楽しませてくれる事を信じております。

継続は力なり。

↑このページのトップヘ